「メトロノーム,チューナー販売「メトロノーム研究所」」
sitemap  site
新着サイト - 更新サイト - おすすめサイト - 相互リンクサイト - 通信販売 -

「コレ2リンク.com」 / 「コレ2!リンク」ホーム > - 検索エンジン「コレ2!リンク」ではサイトの新規登録/推薦 ★ 募集中 ★

「メトロノーム,チューナー販売「メトロノーム研究所」」登録データページ -検索エンジン「コレ2!リンク」-

[ご注意/ヘルプ]
[スポンサード リンク]


[ P R ]


[登録データ詳細]

メトロノーム,チューナー販売「メトロノーム研究所」関連バナー [タイトル]

メトロノーム,チューナー販売「メトロノーム研究所」 ≫≫

メトロノーム,チューナー販売「メトロノーム研究所」/http://mozshot.nemui.org/

[更新日] 2008/11/21(Fri) 23:21

[登録キーワード] メトロノーム チューナー 販売

[紹介文]
ウィットナー・コルグ・セイコー・ニッコー・ボス・ヤマハなどのメトロノーム・チューナーを取り備えております。

[スポンサード リンク]

[管理人コメント/引用・アピール]

登録/更新時点のコメントです。最新の完全なサイト内容を反映していません。
リンク先からサイト内容をご確認願います。

メトロノーム研究所
ウィットナー・コルグ・セイコー・ニッコー・ボス・ヤマハなど各メーカー商品を取り備えるメトロノーム・チューナー専門販売店

メトロノームとは?
メトロノーム(Metronome)は、一定の間隔で音を刻み、ピアノやバイオリンなど、個人で楽器を演奏、あるいは練習する際に、テンポを合わせるために使う音楽用具である。
ヨハン・ネポムク・メルツェル(Johann Nepomuk Mälzel)が1816年に特許を取得した。
音楽家で最初に利用したのはルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンである。

メトロノームが発明されて後、多くの楽譜に、メトロノームの数値によってテンポが示されている。たとえば、M.M.=100とあれば、メトロノームの目盛りを100に合わせた時のテンポを示す。これは1分間におよそ100拍であり「テンポ100」と呼ぶ。ここでM.M.とはメルツェルのメトロノーム(Mälzel’s Metronome)の意味である。
また、ほとんどのメトロノームは、2拍ごと、3拍ごと、4拍ごと、6拍ごとに小さな鐘などを鳴らす機能が付いている。これを拍子に合わせて、小節の頭を知ることができるのである。
日本で販売されているほとんどの機械式メトロノームは毎分 40回〜208回までの範囲で動作する。これはJIS規格B9803で定められていたが、この規格は 1999年に廃止になった。

チューナーとは?
チューナー(TUNER)は、楽器を調律するための電子機器である。入力されたピッチと基準音の差を視覚化して表示し、それを元に調律を行う。
音の入力にはいくつかの方法がある。
□ 電気楽器のピックアップ等の出力から直接入力する。
□ チューニング・メーター内臓のマイクロフォンで音を拾う。
□ 外付けクリップ型専用マイク(コンタクトマイク)を使って楽器の振動数を測る。
これらにより入力された音が望ましい音高かどうかを判断し、調律を行う。
多くの機種は基準音を出力でき、その音を耳で聞きながら実際の楽器の音と比較して調律することもできる。ほかにもメトロノームなどの機能を搭載している機種もある。


バナー
バナー

[スポンサード リンク]

- Yomi-Search Ver4.22 -