「土壌汚染対策の専門企業 日地」
sitemap  site
新着サイト - 更新サイト - おすすめサイト - 相互リンクサイト - 通信販売 -

「コレ2リンク.com」 / 「コレ2!リンク」ホーム > - 検索エンジン「コレ2!リンク」ではサイトの新規登録/推薦 ★ 募集中 ★

「土壌汚染対策の専門企業 日地」登録データページ -検索エンジン「コレ2!リンク」-

[ご注意/ヘルプ]
[スポンサード リンク]


[ P R ]


[登録データ詳細]

土壌汚染対策の専門企業 日地関連バナー [タイトル]

土壌汚染対策の専門企業 日地 ≫≫

土壌汚染対策の専門企業 日地/http://mozshot.nemui.org/

[更新日] 2009/05/02(Sat) 23:56

[登録キーワード] 土壌汚染 土壌調査 土壌改良 土壌対策 費用 浄化

[紹介文]
最近問題になっている土壌汚染。調査・浄化なら弊社にお任せください。詳細な調査から低環境負荷・低コストの対策をご提案いたします。

[スポンサード リンク]

[管理人コメント/引用・アピール]

登録/更新時点のコメントです。最新の完全なサイト内容を反映していません。
リンク先からサイト内容をご確認願います。

日地株式会社は、お客様の立場に立った(様々な要望や条件にあった)土壌汚染の調査や浄化を提案・提供しております。
また、有機溶剤類(VOCs)・重金属類・油類・複合汚染など、土壌汚染全般に幅広く対応いたしております。

私ども日地株式会社の土壌汚染調査は、法律に準拠するだけでなく、対策までを視野に入れた自然科学に準じた調査を行います。
どの深度に、どの程度の汚染(濃度)があり、どの地層にたまっているかなどの汚染の状況解明を確実に行い、費用対効果を最大限に得られる浄化方法をご提案いたします。
汚染と地層構造は深く関わっています。
地層構造を無視したルーチンワークの土壌汚染調査は、調査費用を無駄にするだけにとどまりません。
浄化対策そのものが失敗するなんて事もあります。
例えるなら、病気をしてヤブ医者にかかってしまい、無駄な投薬を提案される様なものです。
お金を払っても、なんの解決にもなりません。

 世の中には、数多くの土壌汚染の対策技術があります。
条件が合えば、どれも素晴らしい技術です。しかしながら、すべての浄化技術には特徴や特性があります。
対象地の条件に適さない浄化方法の選択や決定は無意味です。
私たちは、数ある対策方法の中から調査結果を踏まえ、お客様の条件に合わせた浄化技術のご提案いたします。

日地株式会社
本社
〒299-1162 千葉県君津市南子安4-15-18
TEL 0439-52-1052 FAX 0439-52-1092

西日本支社
〒720-0092 広島県福山市山手町3-9-11-102
TEL 084-952-2640 FAX 084-952-2640

事業内容    ・土壌汚染の調査及び浄化に係る業務
        ・土壌汚染の調査や対策のコンサルタント業務

 ご 挨 拶

 土地所有者の方、製造工場関係者の方、クリーニング店の方、土壌汚染の問題で苦労していませんか。「何年もの間、多額の費用をかけても浄化出来ない」や「多額の費用をかけて浄化完了した筈なのに、売却時に買主側が調査して汚染が発覚した」という話をよく耳にします。これは一体どういうことでしょう。

 まず、土壌汚染がどのような現象であるかを知らなくてはなりません。一般に、土壌汚染は「有害物質が地下へ浸透して、土壌および地下水を汚染する現象」だと言われています。イメージ的には安易に理解できます。しかし、実際の汚染現象はかなり複雑です。複雑になる原因として、地下の地質構造が複雑だということが挙げられます。また、汚染物質の種類によって挙動が異なる事も重要な要因となります。有機溶剤の汚染を例に挙げると、有機溶剤は水に溶けにくく比重が重い事から、地下深く浸透していきます。地下浸透した有機溶剤は、難透水層(粘土やシルトなど)の上面では、汚染が通過しにくいことから、その地層(難透水層)の傾斜に沿って側方移動します。この現象は、地下水より上の通気帯でも、地下水より下の帯水層中でも同じです。また、わずかに地下水に溶けた汚染物質は、広範囲にわたる地下水汚染を引き起こす場合があります。

 一例をあげましたが、汚染機構は複雑です。この汚染機構の解明(汚染物質の足跡の把握)が出来なければ、大金をかけても土壌汚染対策は意味のないものになってしまいます。人間の病気で例えると、不備な診察(調査)結果から病状を診断し、治療(対策)方法を決定すると、どこにガン細胞があるか分からずに、投薬(原位置浄化)や手術(掘削)をすることになります。しかし、土壌汚染の調査や浄化をしている企業の中には、この調査の重要性を知らない企業が数多くあります。対策がうまくいかなかった時、誰が困るのでしょうか。困り果てた汚染原因者様や土地所有者様を目の当たりにしてきました。

 私たち日地株式会社は、「日本の大地をきれいに」を目標として、土壌汚染の本来の目的である「人間を含む生態系へのリスクを確実に低減し、一つでも多く後世にきれいな土地を残したい」と考えております。また、その中で土地所有者の方の利益につながる不動産価値の向上を目指しております。

 これからの末永いお付き合いを宜しくお願い致します。

日地株式会社 一同


バナー
バナー

[スポンサード リンク]

- Yomi-Search Ver4.22 -